CBDとアルコール

アルコール

近年カンナビジオール(CBD)は健康とウェルネスの世界を席巻し、健康食品や自然健康製品のショップでも存在感を放っています。CBDを配合したオイル、ボディクリーム、リップクリーム、入浴剤、プロテインバーなど本当にさまざまな種類の製品が販売されています。

そして、最近ではアルコールメーカーがCBDを注入したショット、ビール、その他のアルコール飲料も見かける機会が多くなりました。それだけCBDという成分が注目されていますが、そもそもアルコールとCBDを組み合わせることは安全なのでしょうか?

この記事ではCBDとアルコールを混ぜて摂取した場合の影響について検証します。

CBDとは?

カンナビジオール(CBD)は大麻植物に含まれる天然成分です。代表的な効果は、心身のリラックス抗ストレス安眠慢性痛皮膚の健康改善抗うつなどさまざまなジャンルから注目を集めています。

この効果から、CBDを配合した製品に注目が集まりさまざまな製品が販売されています。特に注目されている製品は、CBDにココナッツ、パーム、オリーブ、またはヘンプシードオイルなどのオイルと混合したCBDオイルです。世界規模で製品化され、そのまま舌下に垂らしたり、直接肌に塗る、または飲み物に混ぜるなど、その人に合わせた摂取方法ができることもCBDオイルの魅力の1つです。

CBDは大麻植物から摂取される成分ということで、テトラヒドロカンナビノール(THC)と勘違いしている方も多いと思います。しかし、THCはマリファナに含有される成分であり、向精神作用を引き起こしますがCBDには精神活性作用、依存性もありません。

CBDとTHCの違い

同じ大麻植物から摂取される代表的な2つの成分がCBDTHCです。日本ではTHCが違法として扱われるにもかかわらず、なぜ大麻由来のCBDが合法なのでしょうか。

日本には「大麻取締法」という大麻を規制する法律があり、この法律は大麻植物のつぼみ根っこ(と、これらに関する製品)の部位から抽出されるTHC成分を違法指定しています。THCを摂取すると高揚感など向精神作用があるからです。

しかし、大麻植物の種子から抽出されるCBD成分は規制対象外であり、合法です。この部位から抽出されるCBDは、向精神作用が無く、逆にリラックス効果抗うつ抗炎症作用などの効果が期待できます。

実際に「世界保健機構(WHO)」では、CBDには乱用の可能性や個人・公衆衛生上に問題が起こり得る危険性が確認されていないことも認めています。

つまり、CBDとTHCは同じ大麻植物から抽出される成分ですが、その効果は全く異なる成分であることが証明されています。

CBDとアルコールを同時に摂取するとどうなる?

アルコールを飲むと、解放感やリラックス感の促進、血行・新陳代謝が良くなるなど、適量であれば健康に良いとも言われています。この効果はCBDとの類似点が多いと捉える方もいるそうです。実際にアメリカではCBDを混ぜたアルコール飲料が販売されており、一般的に提供するレストランやバーも増えています。

しかし、CBDとアルコールを同時に摂取する効果に関しては決定的な研究結果がありません。

例えば、CBDオイルを摂取して1時間後にアルコールを飲んだ人は、CBDを摂取しない時と比較して酔いが回るのが早かったという報告があります。これはCBDの血行促進効果が血中のアルコールの循環を早くすることで酔いが回ったとも予測できます。この報告を元に、酔いが回ることでアルコール量が減り、結果「悪酔いしなくなった」という報告にも繋がるのではないでしょうか。

これらの効果はあくまで個人レビューや口コミ程度のもので、”一般的”と言える決定的な研究結果ではありません。このページでは現状に存在する少ない研究例をご紹介します。

効果が増幅する?

アルコールとCBDを同時に服用すると、お互いの効果が増幅され「眠気や鎮静作用などの増加」を引き起こす可能性があると一部では言われています。

ある研究では、2.2 ポンド( 1 kg)の体重ごとに 1 gのアルコールと同時に 200 mgのCBDをヒトに与える効果を調べました。アルコールとCBDを組み合わせると、運動能力に重大な障害が生じ、時間の知覚に変化が生じることが観察されました。参加者がCBDを単独で摂取した場合、これらの影響は経験しませんでした。

【ヒトにおけるカンナビジオールとアルコールの相互作用】

参加者は健康な男性6人と女性4人、研究条件は以下の通りです。

・経口プラセボ群にはグルコースカプセルとオレンジジュース

・カンナビジオール群にはCBD 200 mgカプセルとオレンジジュース

・アルコール群にはオレンジジュースとグルコースカプセルに体重 1 kgあたり 1 gのアルコール

・CBD+アルコール群にはCBD(200 mgカプセル)にアルコール(オレンジジュースに 1 g / kg)

上記を参加者に投与し、二重盲検、クロスオーバー、ランダム化デザイン試験を行い、治療は1週間間隔で行われました。測定されたパラメータは、フィンガータップテスト(運動能力)、キャンセルテストと微分適性テスト(精神運動能力)、1分間の時間生産タスク、主観的効果(66項目の形容詞対意味的微分)、および血中アルコール濃度の飲酒検知器による推定です。

プラセボと比較して、”アルコール”および”アルコール+CBD”は、運動および精神運動能力の重大な障害が生じました。1分間Time Productionテストと主観的効果テストでは、正確な時間認識の傷害も生じています。

アルコールとCBDの組み合わせは、アルコール単独群と比較して血中アルコール濃度を低下させましたが、2つのアルコール条件の薬理効果の間に観察された違いはほとんどありませんでした。したがって、CBDの運動および精神的機能と効果に対する不活動は、アルコールとの相互作用にも及びます。

参照元:PubMed『Interaction of cannabidiol and alcohol in humans

CBDとアルコールはどちらもリラックス感を促進し、同時に服用することで”互いの影響を増幅する可能性がある”程度に捉えておけば良いと思います。

細胞の損傷や病気を防ぐ?

過度のアルコール摂取は細胞に損傷を与え、膵炎、肝疾患、特定の種類の癌などの炎症や慢性疾患のリスクを高める可能性があります。そして、動物を対象にした研究ではアルコール消費によって引き起こされる細胞損傷をCBDが保護するかもしれない可能性を報告しています。

この研究ではラットの皮膚にCBDゲルを塗布すると、過剰なアルコール消費によって引き起こされる脳細胞の損傷が最大49%減少したことを報告しています。

【カンナビジオールの経皮投与によるアルコール使用障害の抑制】

アルコール使用障害の特徴である過度のアルコール消費は、アルコール依存症の慢性化と再発の性質に寄与すると仮説されている神経変性と行動・認知障害をもたらします。そこで、本研究ではアルコール誘発性神経変性症の治療のためのカンナビジオール(CBD)の経皮投与の実験を進めることを目的としました。

実験1では、1.0%、2.5%、5.0%のCBDゲルの神経保護作用について調査しました。5.0%CBDゲルは、Fluoro-Jade B (FJB)で評価した内耳皮質の神経変性が48.8%減少し、統計的に有意な傾向を示した(p=0.069)。5.0%のCBDゲルを用いた治療では、3日目のCBD血漿中濃度は~100.0 ng/mLであったので、このレベルは最適化されたゲル製剤の開発のための目標濃度として使用されました。

実験2は、腹腔内注射(IP; 40.0 mg/kg/日)によるCBD投与と比較した次世代の2.5%CBDゲル製剤をテストしました。この実験では、両方の投与経路で同様の大きさの神経保護作用が見られました。経皮CBDは、嗅内皮質のFJB +細胞を経皮吸収型CBDは56.1%(p<0.05)で内耳皮質のFJB+細胞を減少させ、IP CBDは50.6%(p<0.05)でFJB+細胞を減少させました。

これらの結果は、アルコール誘発性神経変性症の治療にCBD経皮送達システムを使用することの実現可能性を示しています。

参照元:PubMed『Transdermal delivery of cannabidiol attenuates binge alcohol-induced neurodegeneration in a rodent model of an alcohol use disorder

次に紹介する研究では、マウスにCBDを注射すると、オートファジー(新しい細胞のターンオーバーを促進し、組織の再生につながるプロセス)を増加させることにより、アルコール性肝疾患に対する保護に役立つと報告しています。

【カンナビジオールは、酸化ストレスの抑制やオートファジーの増加などのメカニズムにより、アルコール性肝疾患を保護します】

急性飲酒はアルコール性肝疾患を誘発しますが、アルコール性肝疾患を効果的に予防することで、アルコールによる進行性の障害から肝臓を守ります。

アルコール性肝疾患のメカニズムの1つとして、酸化ストレスの増加が報告されています。抗酸化剤として機能することが報告されているカンナビジオールが、アルコールに起因する酸化ストレスによる脂質異常症から肝臓を保護できるかどうか調査しました。

カンナビジオールは、酸化ストレスの増加とJNK MAPK経路の活性化を防ぐことで、マウスの急性アルコール性肝疾患を防ぐことが期待できます。カンナビジオール自体は、CYP2E1を発現するHepG2細胞とマウス肝臓の両方でオートファジーを増加させます。

結論として、カンナビジオールはアルコールによって誘発されるオートファジーの減少を防ぎます。

参照元:NCBI『Cannabidiol protects liver from binge alcohol-induced steatosis by mechanisms including inhibition of oxidative stress and increase in autophagy

そして、次の研究ではCBDがマウスに肝毒性を引き起こす可能性があることを示しています。しかし、その研究の一部のマウスは、非常に大量のCBDを摂食または強制給餌されていました。

【カンナビジオールを豊富に含む大麻抽出物の肝毒性】

この研究の目的は、8週齢の雄B6C3F 1マウスにおけるカンナビジオール(CBD)の肝毒性を調査することです。

マウスの1群では0、246、738、または2460 mg / kgのCBD(急性毒性、24時間)を投与。別の1群では1日あたり0、61.5、184.5、または615 mg / kgのCBDを10日間毎日強制飼養しました(亜急性毒性)。

これらの用量は、EPIDIOLEX®のCBDの最大推奨ヒト維持用量(20 mg/kg)のマウス等価用量(MED)を測定したものです。急性期試験では、2460mg/kg投与で肝重量比、血漿中ALT、AST、総ビリルビンの有意な増加が認められました。

亜急性研究では、615 mg / kgを投与したマウスの75%が3日目から4日目に瀕​​死の状態になりました。急性期と同様に、615 mg / kg CBDはLBW比、ALT、AST、および総ビリルビンを増加させました。肝毒性遺伝子発現アレイの結果、CBDは酸化ストレス応答、脂質代謝経路、薬物代謝酵素に関連する50以上の遺伝子を異なる形で制御していることが明らかになりました。

結論として、CBDは明らかな肝毒性の兆候を示し、脂質代謝や異生物代謝に関連する多数の経路が関与していることから、CBDの安全性だけでなく、潜在的な薬物相互作用についても深刻な懸念が生じています。

参照元:MDPI『Hepatotoxicity of a Cannabidiol-Rich Cannabis Extract in the Mouse Model

CBDがこれらの研究で示唆されているのと同じ効果をヒトに持っているかどうかは不明です。CBDがヒトのアルコール誘発性細胞障害を防げるかどうかを知るには、さらに多くの研究が必要です。

血中アルコール濃度を下げる?

血中アルコール濃度(BAC)は、血液中のアルコール量の指標です。BACが高いほど、一般に運動制御および認知機能の喪失が大きくなります。

【認知機能に対するアルコールの用量関連効果】

我々は、用量に関連したアルコール中毒の単一マーカーを提供するために、6つの応用認知機能検査の適合性を調査しました。数多くの研究でアルコールが認知処理の特定の領域に悪影響を及ぼすことは実証されていますが、広範囲の異なる認知過程におけるアルコールの影響を比較した研究はほとんどありません。

成人参加者(N = 56、男性32、女性24、年齢は18~45歳)を無作為化し、約1時間の間隔で複数回投与を含む実験でアルコール治療を行いました(平均血中アルコール濃度(BAC)は0.00、0.048、0.082、0.10%)。

「6セットの心理テストを採用」

①有用な視野テスト(UFOV:指示された標的の処理速度テスト)

②Self-Ordered Pointing Task(SOPT:ワーキングメモリ)

③Inspection Time(IT:モーターレスポンスから独立した処理速度)

④the Traveling Salesperson Problem(TSP:戦略的最適化)

⑤応答タスクへの持続的注意(SART:警戒、応答抑制および精神運動機能)

⑥トレイルメイキングテスト(TMT:認知の柔軟性と精神運動機能)

結果、認知機能の障害は認知処理のさまざまな領域間で均一ではなく、アルコールによる効果や摂取量の両方が、さまざまな認知プロセスで量的に異なることを示しました。広く応用できるマーカーの基準を満たしたのはITのみです。

参照元:NCBI『Dose-Related Effects of Alcohol on Cognitive Functioning

CBDの血中アルコール濃度への影響に関する研究はほとんどありませんが、10人を対象としたある研究では、参加者がアルコールとともに200 mgのCBDを摂取した場合、プラセボでアルコールを摂取した場合よりも血中アルコール濃度が大幅に低下したと報告されています。

しかし、この研究は1970年代に実施され、非常に大量のCBDを使用しました。具体的には現在推奨されている量の5〜10倍近くの量が使用されました。現在のCBDの通常の推奨用量がこの効果をもたらすかどうかは不明です。

さらに、次の研究では相反する結果が指摘されています。いくつかの動物研究では、CBDがアルコールと同時に動物に投与された場合、血中アルコール濃度は低下しなかったと報告されています。

【薬物使用への再発防止のためのカンナビジオールのユニークな治療の可能性】

カンナビジオール(CBD)、カンナビスサティバの主要な非精神活性成分は神経障害および精神障害の治療における可能性が注目されています。

最近、CBDは薬物中毒の治療の可能性についても調査されました。薬物使用障害は慢性的に再発する疾患であり、薬物によって引き起こされる渇望、ストレスに対する感受性、高まる不安、および衝動制御障害など、複数の理由で再発のリスクが持続します。

ここでは、薬物探索、不安、衝動性の動物モデルにおいて、経皮吸収型CBD製剤の「再発防止」の可能性を調査しました。アルコールまたはコカインの自己投与歴のあるラットに経皮吸収型CBDを24時間間隔で7日間投与し、高架式十字迷路で与える不安要素だけではなく、環境とストレス誘発性の復権についてもテストしました。

衝動的行動に対する効果は、7日間の依存症誘発性アルコール中毒レジメンからの回復後、遅延割引タスクを使用して確立されました。CBDは耐性、鎮静効果、正常な動機付け行動への干渉を伴わず、文脈誘発性およびストレス誘発性の薬物探索を減衰させました。治療終了後も、血漿および脳内CBDレベルは3日間のみ検出可能でしたが、復職は5ヵ月まで減衰したままでした。

CBDは実験的不安を軽減し、アルコール依存症歴のあるラットでの高い衝動性の発達を防止しました。この結果は、2つの側面からCBDの再燃防止効果の可能性を支持する証明となりました。

参照元:NCBI『Unique treatment potential of cannabidiol for the prevention of relapse to drug use: preclinical proof of principle

【カンナビジオールは、マウスのエタノール消費、動機および再発を低減します】

この研究では、C57BL / 6 Jマウスを用いて、カンナビジオール(CBD)のエタノール強化、動機付け、および再発に対する効果を調査しました。CBD(30、60および120 mg/kg/日、i.p.)のエタノール摂取量および嗜好性への影響を評価するために「The two-bottle choice paradigm(2つのボトルに異なる成分を含有し、マウスが選べる環境下のテスト)」を実施しました。

さらに、エタノールの経口自己投与実験を行い、エタノールへの強化と動機付けに対するCBDの効果を評価した(CBD連続制御放出(30 mg/kg/日)を提供する微粒子製剤の単回s.c.投与)。また、エタノール誘発性再燃に対するCBD(60および120mg/kg/日、i.p.)の効果も評価した。

リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応を用いて、腹側帯領域のチロシン水酸化酵素とμ-オピオイド(Oprm1)、カンナビノイド(CB1 rおよびCB2 r)、および、後頭核(NAcc)のGPR55受容体の遺伝子発現解析を行いました。カンナビジオールはエタノール誘発性低体温およびハンドリング誘発性痙攣を減少させましたが、血中エタノール濃度の変化は認められませんでした。

CBDはThe two-bottle choice paradigmにおけるエタノール消費量と嗜好性を減少させ,経口エタノール自己投与におけるエタノール摂取量と有効反応数を有意に減少、そしてエタノール誘発性再燃を減少させた。さらに、CBDの投与により、腹側被蓋野のチロシンヒドロキシラーゼ、NAccのOprm1、CB 1 rおよびGPR55の相対的遺伝子発現が大幅に減少し、CB 2が大幅に増加しました。

これらの結果は、CBDの投与がエタノールの強化特性、動機および再発を減少させたことを明らかにします。この発見は、CBDがアルコール使用障害の治療に有用である可能性があることを強く示唆しています。

参照元:PubMed『Cannabidiol reduces ethanol consumption, motivation and relapse in mice

これらの研究結果はあくまで決定的な証拠として認定されたものではありません。CBDがヒトの血中アルコール濃度にどのように影響するかを判断するには、さらに多くの研究が必要です。

アルコール使用障害(AUD)の治療に役立つ?

次に紹介する研究では、CBDがアルコール使用障害(AUD)の治療に役立つと言われています。これは、一部の動物実験でCBDが中毒および離脱のいくつかの症状を軽減するのに役立つことが示されているからです。

【新規候補アルコール使用障害薬物療法としてのカンナビジオール】

大麻植物に含まれる非精神活性カンナビノイドであるカンナビジオール(CBD)の治療効果に大きな関心が寄せられています。今回の研究の目的は、このテーマに関する既存の文献を特徴付け、アルコール使用障害(AUD)の薬物療法の候補としてCBDの信頼性を評価することでした。

包括的な検索戦略を用いて、303件のユニークな論文が特定され、最終的に12件(げっ歯類モデルを用いた8件、健康な成人ボランティアを用いた3件、細胞培養を用いた1件)が対象となりました。

げっ歯類と細胞培養モデルの両方で、CBDはアルコールが海馬に与える悪影響に対して神経保護効果を発揮することがわかりました。げっ歯類モデルでは、CBDはアルコール誘発性肝毒性、具体的にはアルコール誘発性脂肪症を減衰させることがわかった。最後に、前臨床げっ歯類モデルからの調査結果は、CBDがキュー誘発およびストレス誘発のアルコール探索、アルコール自己投与、離脱誘発性けいれん、および遅延報酬の衝動的割引を減衰させることを示しています。

ヒトを対象とした研究では、CBDは忍容性が高く、アルコールの主観的影響と相互作用しませんでした。以上のことから、CBDはAUDの薬物療法の候補として有望視されています。このことは、乱用責任がないことや一般的な忍容性によっても証明されています。

文献上での弱みはヒトを対象とした研究結果が少ないことです。モデルシステムにおけるこれらの効果が臨床的に有用かどうかを判断するためには、ヒトの前臨床試験および臨床試験が必要とされています。

参照元:PubMed『Cannabidiol as a Novel Candidate Alcohol Use Disorder Pharmacotherapy: A Systematic Review

【中毒性行動への介入としてのカンナビジオール】

薬物依存症は、薬物を使用したいという強迫的な欲求と、消費をコントロールできなくなることを特徴とする慢性的な再発性障害です。大麻植物に含有される成分カンナビジオール(CBD)は、薬物中毒に関与するさまざまな神経回路を調節すると考えられています。この研究の目的は、CBDが薬物依存性行動に及ぼす影響に関する前臨床および臨床データをまとめることです。

私たちは、2015年より前に公開された英語とフランス語の記事を検索しました。合計で14件の研究が見つかり、そのうち9件は動物を対象とし、残りの5件はヒトを対象と研究です。限られた数の前臨床研究は、CBDがオピオイド、コカイン、および精神刺激薬中毒に対して治療効果を示唆しており、いくつかの予備データでは大麻やタバコ中毒はヒトに対しても有益である可能性が示されています。しかし中毒性障害の介入としてのCBDの可能性を完全に評価するには、さらなる決定的な研究結果が必要です。

参照元:NCBI『Cannabidiol as an Intervention for Addictive Behaviors: A Systematic Review of the Evidence

前述した通り、ヒトを対象とした研究はとても限られています。しかし、次に紹介する研究では24人の喫煙者を対象とし、CBD吸入器を1週間使用するとタバコの使用量が40%減少したことを報告しています。この結果は、CBDが依存性行動の抑制に役立つ可能性があることを示しています。

【カンナビジオールは喫煙者のたばこ消費を減らす】

ニコチン中毒における内因性カンナビノイド系の役割はますます認識されています。私たちは、禁煙したい喫煙者にカンナビジオール(CBD)を使用した影響を調査するため、試験的な無作為化二重盲検プラセボ対照試験を実施しました。

CBD(n = 12)またはプラセボ(n = 12)の吸入器を1週間摂取するように24人の喫煙者が無作為化され、喫煙の衝動を感じたときに吸入器を使用するよう指示されました。治療期間中、プラセボ治療を受けた喫煙者ではタバコの吸う本数に差は見られませんでした。

対照的に、CBDで治療されたものは、治療中の喫煙本数を約40%まで大幅に削減しました。この結果は、追跡調査時にこの効果がある程度維持されることを示しています。

これらのデータは、CBDがニコチン中毒のための潜在的な治療法であることを示していますが、さらなる調査が必要であると考えられます。

参照元:PubMed『Cannabidiol reduces cigarette consumption in tobacco smokers: preliminary findings

中毒成分があるものに対してCBDがどう役立つかを判断するには、より質の高い研究が必要です。しかし、動物を対象とした研究ではCBDがアルコールによって引き起こされる肝臓と脳細胞の損傷を減らすかもしれないことを示しています。さらに血中アルコール濃度の低下やアルコール使用障害の治療にも役立つことが期待されています。

まとめ

現在のところ、CBDとアルコールの混合による影響を特定するのに決定的な研究はありませんが、ヒトと動物の両方を対象としたいくつかの研究結果は存在します。数ある実験に中で期待される効果は以下の通りです。

  • CBDがアルコールの副作用を緩和させる
  • CBDがアルコール誘発性の細胞障害から保護する
  • CBDが血中アルコール濃度を低下させる
  • CBDがアルコール中毒および離脱症状を軽減する

その反面、CBDとアルコールはお互いの影響を増幅させる可能性があり、両方を高用量で同時に摂取すると眠気と鎮静を過度に引き起こす可能性もあると言われています。

さらに動物のみを対象とした研究では、CBDが肝臓毒性のリスクを増加させる可能性があることを示しました。ただし、一部のマウスには大量のCBDが投与されていたことからも、既存の研究のほとんどはCBDとアルコールの両方を大量に摂取している動物に焦点を当てています。ヒトにおける中程度または時折の用量の影響を調べる研究は十分ではありません。

CBDとアルコールの混合摂取は、すべてのヒトが同じような効果を期待できるか判断するのは難しい、というのが現状です。CBDとアルコールを混合する場合は、両方の量を少なくし、副作用のリスクを最小限に抑えながら試すことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました