アルコール

アルコール

アルコール依存症対策にも期待されるCBD

アルコール依存症(AUD)対策にCBD成分の効果が注目されています。多量の飲酒を続けると生活習慣病のリスクが高くなり、脳疾患、肝疾患、心臓の問題、がんの発生率の上昇など、その他の病気を併発するリスクも高くなります。アルコール依存症とCBDの関係を示した決定的な実験はまだ少ないのが現状です。しかし、少ない臨床実験の中からCBDがアルコール依存症をどのように緩和させるのかご紹介します。アルコールの量を減らしたい、医療機関を頼らずに改善したいという方はぜひご覧ください。
アルコール

CBDとアルコール

CBDをコーヒーなど飲料に混ぜて摂取することはありますが、アルコールに混ぜて摂取した場合はどのような影響があるのでしょうか?アメリカではCBDを注入したアルコール飲料を見かけますが、そもそもアルコールとCBDを組み合わせることは安全なのでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました