cbdpressmanager

病気

CBDと乾癬(かんせん)

不治の病といわれる「乾癬」ですが、CBDの注目が高まっています。乾癬患者にとって、症状を緩和させる可能性が高いCBDは希望の源といっても過言ではありません。ここではCBDと乾癬の関係性、またなぜCBDがこの分野で大きな可能性を秘めているのかについて説明します。
自閉症

CBDと自閉スペクトラム症(自閉症)

CBDは医薬品ではないので、自閉スペクトラム症の主な症状を直接治療することはできません。しかし、CBDは自閉スペクトラム症と関連性が高い、てんかん、不安、不眠、ストレスなどを緩和することで、間接的に自閉スペクトラム症も緩和させることに期待されています。
脱毛・育毛

CBDが育毛・抜け毛に効果がある?

CBDは痛みや不安を和らげる効果があると期待されていますが、抜け毛の治療法に関してはあまり知られていないのが現状です。結論から言うと、CBDが毛包や髪の毛に浸透し、直接育毛の成長を促進するわけではありません。CBDを摂取することで、毛髪が成長しやすい健康的な身体づくりのサポートをしてくれるという考え方が正解かもしれません。CBDは市販の育毛剤のような効果を発揮するのではなく、健康的な身体になることで髪の毛の成長を促す仕組みだと言えるでしょう。
メンタルヘルス

就職活動の不安と緊張をCBDで乗り越える

CBDは、リラックス作用と抗不安作用の効果から、就職活動の面接などで不安や緊張を感じる環境で緩和できる可能性があります。実際に、不安や緊張を緩和できる決定的な研究結果は無いのが現状です。しかし、動物を対象にした研究例は多く、ほとんどの研究者がCBDは抗不安、抗ストレスに効果が期待できると発表しています。日々生活していれば、就職活動や面接に限らず、そのような場面は避けて通れません。不安や緊張対策の1つとして、CBDを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
アルコール

アルコール依存症対策にも期待されるCBD

アルコール依存症(AUD)対策にCBD成分の効果が注目されています。多量の飲酒を続けると生活習慣病のリスクが高くなり、脳疾患、肝疾患、心臓の問題、がんの発生率の上昇など、その他の病気を併発するリスクも高くなります。アルコール依存症とCBDの関係を示した決定的な実験はまだ少ないのが現状です。しかし、少ない臨床実験の中からCBDがアルコール依存症をどのように緩和させるのかご紹介します。アルコールの量を減らしたい、医療機関を頼らずに改善したいという方はぜひご覧ください。
アルコール

CBDとアルコール

CBDをコーヒーなど飲料に混ぜて摂取することはありますが、アルコールに混ぜて摂取した場合はどのような影響があるのでしょうか?アメリカではCBDを注入したアルコール飲料を見かけますが、そもそもアルコールとCBDを組み合わせることは安全なのでしょうか?
セレブリティ

CBDをオススメする芸能人やアスリート

美容グッズや日々の疲れやストレスを緩和するため愛用している著名人が本当に増えたと思います。さらにここ数年ではスポーツ選手がCBD製品を紹介するケースも増え、様々な効果を推奨しています。ここではCBDを推奨する著名人をまとめてみましたのでぜひご覧ください。
ペット

CBDオイルはペットにも使用できる?

CBDオイルをペットに使用することはできるのでしょうか?結論から言えば使用できます。海外ではペット用のCBDオイルも販売されていますが、ヒト用のCBDオイルとほぼ変わりはありません。しかし投与する際、注意点がいくつかあるのでぜひご覧ください。
関節炎・リウマチ

CBDと関節炎・リウマチ

関節炎・リウマチの痛みを緩和させるためにCBDが注目されています。関節炎の症状は痛み・こわばり、可動域の減少といった肉体的な症状の他にも不安・うつ病といった精神的な症状も併発する可能性があります。CBDはこれらの症状を全て緩和できる可能性があるという研究者も現れました。
てんかん

CBDとてんかん

CBDはてんかん発作の抑制に役立つ可能性があることを多くの研究者が示唆しています。実際に「Epidiolex®/エピディオレックス」は世界初のてんかん治療薬と認められ、ますます注目を集めているCBDとてんかん治療について解説していますのでご覧下さい。
タイトルとURLをコピーしました