CBDとは

CBD(シービーディー)は Cannabidiol(カンナビジオール)の略称です。CBDは「」という大麻植物から抽出される成分になります。麻と聞くと「大麻?マリファナ?ドラッグ?」と連想する人も多いと思いますが、大麻、マリファナ、ドラッグのようなハイになったり、中毒性がある成分ではありません。

ハイと言うよりは、その逆でクールダウンを目的とした成分と言えばわかりやすいでしょうか。心身ともにリラックスできる健康食品として、皮膚の正常化を保つ美容グッズとして、更には難病患者の治療薬として、様々な分野から注目を集めている成分だといえます。

CBDは違法?

CBDは、日本の国内法でも違法ではありません。精神・神経系への悪影響もないと発表されています。

「CBD=違法」と思っている人は、大麻の成分を知ることで誤解がとけるのではないでしょうか。大麻は大きくわけて「CBD(カンナビジオール)」「THC(テトラヒドロカンナビノール)」という2つの成分があります。

大麻と聞いて「ハイになる」というイメージはTHCによるものです。THCは精神活性作用があると同時に、日本では厳しい法律が定められています。つまり違法です。

一方のCBDは、THCに見られる精神作用はなく、逆に非精神活性作用がある成分なので日本でも合法の扱いになります。この安全性が国内でもCBD製品を販売できる理由です。

CBDの安全性について、よく語られるのが「世界保健機構(WHO)」からも認められている成分だということ。”大麻から抽出した成分”と聞いて連想する麻薬の害のイメージは全く該当しないことを発表しています。こちらについては後述していますのでご覧ください。

しかし、2つの成分とも大麻植物から抽出するので、商品化するにはTHCが含まれない様に精製する事が大前提です。抽出する素材(原料)が同じということもあり、万が一にもTHCが混ざった商品を製造、販売、摂取することは違法であり、国内では絶対に許されません。

現在ではCBD商品を扱う販売業者が増えています。その販売業者が、THCなど違法成分が混入しないよう細心の注意を払って製造された商品を取り扱っているとは思いますが、現在ではその根拠となる第三者の検査機関の検査報告の有無が重要視されています。CBD商品を購入する際は、これらの有無をチェックすることが安全な商品を選ぶ基準になるのではないでしょうか。

CBDの効果・効能

CBDが注目されている効果・効能は下記の通りです。

  • てんかん
  • 睡眠
  • 慢性疼痛(とうつう)
  • ストレス緩和
  • 鬱(うつ)
  • アトピー性皮膚炎
  • 抗がん作用
  • 糖尿病
  • 吐き気
  • アルツハイマー
  • ニキビ
  • ADHD(注意欠陥・多動性障害)
  • ぜん息
  • 自閉症
  • 白血病
  • 片頭痛
  • 骨粗しょう症
  • 肥満
  • etc…

これらの効果・効能はごく一部で、詳細については『CBDの効果・効能』をご覧ください。

中でもてんかんの症状に関しては、米国では治療薬として公式に認められました。

米食品医薬品局(FDA)は6月25日、マリファナ(大麻)由来の精製物質を含有するEpidiolex(カンナビジオール:CBD) 経口液剤について、レノックスガストー症候群およびドラベ症候群の治療薬として承認した。同剤は、マリファナ由来の化学成分で、同成分を含む薬剤としてはFDA初の承認物質となる。また、ドラベ症候群に対する初の治療薬ともなった。

ミクスOnline『米FDA マリファナ由来てんかん薬を承認

このニュースの後、CBDから製造された抗てんかん薬『Epidiolex(エピディオレックス)』が米食品医薬品局(FDA)から認可され、同年11月に米国で販売開始となりました。販売開始翌月に開催された米国てんかん学会では、エピディオレックスの臨床応用データが喜びとともに発表され、難治てんかん治療の歴史が大きく進歩した日だったと報告されています。

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)

CBDの効果・効能の1つに、免疫バランスを整える効果があるといわれています。

免疫バランスが崩れてしまうと、アトピー、リウマチ、不安障害など、さまざまな症状を引き起こす原因となるので、CBDの効果・効能に注目が集まっています。

免疫バランスを整え、健康な身体を維持するためにCBDと深い関わりを持つシステムが「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」です。

ある研究で、人間の体内にはカンナビノイドを受け止める受容体「カンナビノイド受容体」が発見されました。体のいたるところに受容体が存在するということは、必ず対になる伝達物質があるはずだと研究者は考えます。そして研究者の予測どおり、人間の体内で自然に発生するカンナビノイド「内因性カンナビノイド」が発見されました。

カンナビノイド受容体が鍵穴だとすれば、内因性カンナビノイドはのようなもの。この鍵穴と鍵をスムーズに連結させるネットワーク網がエンド・カンナビノイド・システムの役割です。

しかし、ストレスや病気などが原因で内因性カンナビノイドが生成されない場合、または不足してしまった場合、エンド・カンナビノイド・システムは正常に作動しません。そこで外部からCBDを補給することで、エンド・カンナビノイド・システムという体内のネットワークを正常、または活性化する効果があるとCBDはいわれています。

エンド・カンナビノイド・システムを正常に作動させるため、CBDがサポートする効果を期待できるいうわけです。

詳細は「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とCBD」をご覧ください。

CBDの摂取方法

CBDを摂取する方法は主に4つあります。

  • 舌下摂取 (CBDオイル)
  • 蒸気摂取 (CBDリキッド)
  • 皮膚摂取 (CBDクリーム・ローション・バーム)
  • 経口摂取 (CBDカプセルやグミなど)

舌下摂取

舌下摂取とは、CBDオイルを用いた摂取方法です。

オイルを舌の裏側に数滴垂らし、そのまま1~2分ほど含んでから飲み込みます。オイル自体の原料は各CBDメーカーによって異なりますが、オリーブオイルやココナッツオイルやヘンプオイルがベースとなっています。

蒸気摂取

蒸気摂取とは、CBDリキッドを用いた摂取方法です。

リキッドとは電子タバコ用の専用液です。「VAPE」など、リキッドを気化する専用機器を使用します。リキッドは、PG(プロピレングリコール)とVG(ベジタブルグリセリン)がベースとなっています。

皮膚摂取

皮膚摂取とは、肌に直接CBDクリーム・ローション・バームを塗る摂取方法です。

クリームは一般的なスキンケアクリーム、またはバームのような見た目をしています。製品によってCBD含有量や使用量の目安が異なりますが、クリームを患部に塗り込んで使用します。身体全身に作用するというよりも、塗った局部への効果を期待できます。

経口摂取

経口摂取とは、CBD成分が入った食べ物を食べる摂取方法です。

CBD成分が含有したキャンディ、グミ、サプリメント等さまざまな食品が販売しています。CBDオイルを飲み物に入れて飲んだり、CBDオイルが入ったカプセルを飲むのも経口摂取になります。

CBDとアスリート

アスリートは日常的に摂取する常備薬に人一倍気を使っています。その理由はドーピングルールがあるからです。

アスリートはパフォーマンスの向上やボディケアなどの理由で普段から合法的でアンチ・ドーピング規則に引っかからない製品を探しています。皆さんが「体に良いサプリメント」と聞けば摂取するように、アスリートも同じです。私たちと唯一違うのは、試合に出るために厳しいドーピングルールがあるということ。普段使用しているサプリメントがうっかりドーピングルールに引っかかってしまった…というケースを避けるためにアスリートたちは常備薬に人一倍気を使います。そのようなアスリートたちが注目している成分がCBDです。

CBDが禁止薬物から除外

アスリートが注目するきっかけとなったのは、ドーピングルールの基準をつくる「世界アンチ・ドーピング機関(WADA)」が、2018年禁止表国際基準を発表し、カンナビジオール(CBD)を初めて禁止薬物リストから除外するという内容でした。この禁止表国際基準は2018年1月1日より1年間有効となり、全てのスポーツ選手が競技でCBDを使用できるようになっています。WADAの発表した一部を紹介させてください。

https://www.wada-ama.org/

「Ecxept=除く」という意味なので”「Cannabidiol(カンナビジオール)」は除く”と記載されています。

そしてもう一点。大麻植物の成分の中でCBDは唯一除外されていますが「CBD抽出の際にTHCが含まれる可能性がある点に注意が必要」とも書いてあります。WADAでは、THCは禁止薬物に指定されています。

アスリートが求めるCBD効果

リラックス効果

アスリートがCBDを求める大きな理由の1つはリラックス効果といわれています。

アスリートは試合前や休日など、いかにリラックスできるかを重要視しています。音楽を聞いたり、落ち着いた気分でイメージトレーニングをしたり。どのアスリートも自分なりのリラックス方法を持っているはずです。

そのリラックス方法の1つとして、CBDが注目されています。試合日直前にCBDを摂取してもドーピングテストに引っかからないので、有効活用したいアスリートが増えるのも納得です。

不安をなくす効果

CBDは不安をなくす効果も期待されています。

アスリートは常に「結果を出せないかも…」というネガティブな不安と戦っています。周囲からのプレッシャーは有名アスリートほど計り知れないものでしょう。試合が近づくたびに大きな不安と戦うことはアスリートの宿命なのかもしれません。

そこでCBDがネガティブな考えを払拭し、緊張やストレスから解放されるのであれば、最高のパフォーマンスが期待できるはずです。

肉体的な効果

CBDは疲労回復や、痛みを和らげる効果を期待できます。

激しい接触がある競技やトレーニングなど、アスリートにはケガがつきものです。ラグビー、アメフト、バスケなど、特に激しい競技のアスリートからCBDの成分に注目が集まっているようです。

そして疲労回復の効果も注目されています。極限まで肉体を酷使するアスリートは、自然治癒だけでは間に合わないケースがほとんどです。試合との間隔が短く、試合数が多いアスリートからも注目されています。

下記は元NFLのクォーターバックであるカーソン・パーマー氏のインタビューです。

CBDは奇跡の薬ではありません。ある時私は手術が必要になりました。しかし私はまだ今すぐ手術を受ける準備ができていません。そうした時、この製品は痛みを抑え、ゆっくり眠ったり、ベットから起き上がったりする時に腰を助けます。しかし、それはこうした問題を治療する奇跡の万能薬ではないのです。

HEMP TODAY JAPAN『 アスリートが続々とCBD支持を表明・東京オリンピックに向けての課題も?

アスリートが酷使した関節や腰骨が多少ボロボロでも、トレーニングした筋肉が矯正代わりになるので痛みが出ないケースが多いと聞きます。しかし引退すればトレーニング量が減り、筋肉が落ちることで、関節や骨を矯正できず痛みに苦しんでいる元アスリートはたくさんいます。

現役アスリートだけではなく、カーソン氏のように引退した元アスリートが効果を発表することで、CBDはスポーツ界と更に密接になっている成分なのかもしれません。

CBDの安全性について世界保険機関(WHO)の公式見解

世界保健機構、WHOは「World Health Organization」の略称であり、保健や健康に関する国連の専門機関です。「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的とし、国際的な衛生問題に対し、政府や専門家が調査や研究をする機関でもあります。

このWHOがCBDについて調査報告書を発表しました。翻訳した報告書を抜粋して紹介させてください。

乱用傾向の実験モデルで、CBD は、条件づけられた薬物処置区画の嗜好性あるいは脳内自己刺激にほとんど影響を与えないように思われる。

動物用医薬品における CBD 弁別モデルでは、THC 代用となることに失敗した。

ヒトにおいて CBD は、乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さない。

第39回ECDD会議CBD事前審査報告書

CBDはマリファナを代表とするドラッグ的な成分ではないということ。麻薬の害のイメージでもあるTHCとは全くの別物だということを報告しています。

CBD は、現在フェーズⅢ試験において純 CBD 製品(エピデオレックス)を用いたいくつかの臨床試験でてんかんの効果的な治療として実証されている。

CBD が多くの他の健康状態のために有用な治療であるかもしれないという初期的なエビデンス(科学的証拠)もある。

多くの病気の治療のためにオンラインで入手可能なオイル、サプリメント、ガム、高濃度抽出物のCBD製品の承認されていない医療用途がある。

てんかん

CBD の臨床使用はてんかん治療で最も先進的である。臨床試験で CBD が、現在フェーズⅢ試験で単一の純粋な CBD 製品(Epidiolex)で、少なくともてんかんのいくつかの形態のために効果的な治療として実証された。

第39回ECDD会議CBD事前審査報告書

CBDの効果はてんかん治療に効果があると認められています。他にも様々な治療法として有効活用できると報告されていますが、特にてんかんに関してはアメリカで放送されたドキュメント番組が話題になりました。こちらについては後述していますのでぜひご覧ください。

B. ヒト臨床試験

CBD の潜在的な身体依存効果(例えば、離脱症状や耐性)に関するコントロールされたヒト研究では、報告されていない。

第39回ECDD会議CBD事前審査報告書

CBDは大麻から抽出された成分ということもあり、ドラッグ的な害を連想する人も多いと思いますが、その害の1つでもある依存性についても全く該当しないことを報告しています。

海外で注目されるCBD

世界で初めてCBDが発見されたのはイスラエルで1963年まで遡ります。ラファエル・ミシューラム博士が発見したCBDは、2008年頃のカリフォルニアで再注目されることになります。カリフォルニアでは大麻は農作物なので品種改良が可能です。品種改良する際に、嗜好品としての大麻を作る場合はTHCの濃度を上げることが「質が良い大麻」と扱われていました。しかし100株か1000株にひとつ、全くハイにならない大麻がありましたが、当然ゴミとして扱われます。

その”ゴミ”を「Steep Hill」という麻の成分を調べる検査機関に検査依頼をした人がいます。そのゴミはTHCが少ない代わりにCBDが多く入っていることが発見され、CBDは医薬品として役に立つのではと研究を始めた人が「Project CBD」のマーティン・リー氏です。現在のCBDブームの仕掛人と呼ばれています。

そして、この活動が世界中の注目を集めたのが、2013年にアメリカのCNNで放送されたニュース番組『WEED』という番組になります。

WEED – Charlotte's Web Story Medicated Marijuana and Epilepsy

コロラドで生まれた女の子シャーロット・フィギちゃん。生後半年から痙攣が始まってしまった彼女のドキュメンタリーが、CBD成分に注目が集まるきっかけでした。彼女は1日に50回、100回と痙攣を繰り返し、病院に行っても何のクスリを飲んでも発作が収まりません。当時コロラドでは大人に医療大麻を使うことはできましたが、子どもに医療大麻を使うことはためらわれる世論でした。しかし両親は小児科の先生を募り協力を得て、医療大麻を使う決断にまで至りました。そして CBDオイルを使用したところ、痙攣が収まったのです。

ポイントはCBDオイルを摂取したからと言ってハイなるわけではなく、その後も継続的に摂取することで症状が治まったということです。彼女が服用するCBDオイルは、開発に関わった シャーロットちゃんの名前から「シャーロッツ・ウエブ (CWヘンプ社)」と名づけられ、現在でも全米に流通しています。

国内でのCBDは?

現在、日本国内でもCBDが含有されたさまざまな商品を購入できます。オイル、サプリメント、ボディクリーム、お菓子、電子タバコ(VAPE)など、美容品、健康食品としてオンラインショップで販売しているお店も多く、気軽に購入することが可能です。

しかし、2020年3月に国内流通している一部の製品からTHCが検出されるというニュースがありました。

今般、エリクシノール株式会社(所在地:東京都渋谷区)から販売されているCBD製品のうち、リストのとおり18種類の製品の成分を分析しました。

分析の結果、18種類の製品のうち

ナチュラルドロップス3000

シナミントドロップス3000

プロフェッショナル2000

の3種類の製品から、微量の大麻成分THC(テトラヒドロカンナビノール)が検出されました。

厚生労働省『 大麻成分THCを含有する製品について

厚生労働省は8製品を検査したうち、特に高濃度の3製品からTHCが検出されていると報告しました。この結果は、CBD製品によっては製造工程でわずかなTHCが含有する可能性があるということです。

今後CBDの製造メーカーや販売者は、より厳格な検査が求められますし、私たち消費者側もCBD本来の効果を得るために下記の注意点を意識して商品選びをすることが大事です。

  • 日本国内で生産されている製品か(並行輸入品などには注意)
  • 「販売元」「メーカー」「企業」が明確か(販売元が不明確な製品もある)
  • 第三者機関による検査結果が提示されているか(THCやその他有害な物質が含まれていないエビデンスが提示されているか)

安全な商品はこれらの注意点を記載しているケースがほとんどです。商品を購入する際は商品パッケージやラベルなどを見て判断しましょう。

国内でも「カンナビジオール医薬品(CBD)承認」に動き出す

いかにCBDが安全な成分だと言っても国内ではまだ認知度が低く、海外のように治療薬として有効活用されるまでには至ってません。しかし、国内でも様々な動きが出てきているのは確かです。実際に、指定難病の「レノックス・ガストー症候群」や「ドラベ症候群」で生じる難治性てんかんに対する治療薬として申請、または申請の準備をしている例がニュースになりました。

厚生労働大臣に「カンナビジオール医薬品(CBD)承認」に関する要望書を提出

2019年9月5日、ドラベ症候群患者家族会(代表・黒岩ルビー)、公益社団法人日本てんかん協会(会長・梅本里美)、一般社団法人日本小児神経学会(理事長・岡明)、一般社団法人日本てんかん学会(理事長・池田昭夫)の4団体が厚生労働大臣に「カンナビジオール(CBD)医薬品承認」に関する 要望書を提出しました。

難治性てんかん患者とその家族が少しでも安心安全に生活できるために、日本においても大麻取締法等関わる法律が整備され、CBD(カンナビジオール)成分の規制緩和および「エピディオレックス®」が1日も早く承認されるために、治験を推進していただけるようお願いいたします。

エピディオレックス® CBD :カンナビジオール医薬品 承認に関する 要望書

要望内容は、CBDは向精神作用のない成分なので大麻取締法を見直してくださいということ。そして、世界で実証済みのCBDを難治性てんかんの治療のために医薬品として国内使用を承認してほしいという内容です。

聖マリアンナ医科大学を中心にCBDをてんかん薬として治験申請 

聖マリアンナ医科大を中心に、CBD成分を含む、難治性てんかん治療薬の治験の申請準備を始めました。同大の明石勝也理事長らが2019年4月10日、大口善徳厚生労働副大臣に治験に向けた協力を要請したところ、大口副大臣から患者の対象をしぼり、薬の管理を徹底するなどを条件に「治験は可能」と回答しました。

医薬品が大麻から製造されている場合、国内では患者への投薬や輸入は禁じられています。しかし、3月の国会質疑で厚労省の担当者が「研究者である医師が厚労大臣の許可をうけて輸入した薬を、治験の対象とされる薬物として国内の患者に用いることは可能だ」との見解を示したことが報道されました。国会質疑の抜粋を紹介します。

秋野議員:米国で大麻から作られたエピディオレックスが難治性てんかんの治療薬として承認されています。この薬を医師が個人輸入して患者の治療に用いることができますか?

厚生労働官房森審議官:大麻由来のEpidiolexが重度のてんかんの治療薬として承認されたと承知しております。我が国の現行法の下では当該医薬品を施用することはできず、輸入することもできません。

秋野議員:医薬品としてダメということであれば、治験として用いることはいかがでしょうか?

森審議官:大麻研究者である医師の下で、厚生労働大臣の許可を受けて輸入したエピディオレックスを治験の対象とされる薬物として国内の患者さんに用いるということは可能であると考えます。

なおこの治験は適切な実施計画に基づいて、計画で定められた対象に限って実施されるということが必要ですし、計画書が提出された場合にはその内容をしっかりと確認する必要があると考えています。

秋野議員:治験として行うことができる。という踏み込んだ回答に感謝します。大臣にお願いです。治験が滞りなく行われるよう、後押しをお願いしたいと思いますが、御見解をお願いします。

宮腰大臣の回答:治療の選択肢が更に広がるよう、必要な対応を行なって参りたいと考えております。

GREEN ZONE JAPAN『【速報】 厚生労働省が医療大麻を認知! Epidiolexの治験は認めるとの見解を発表

質疑に冒頭で秋野議員が提示した『Epidiolex(エピディオレックス)』は「CBD効果・効能」で前述した米食品医薬品局(FDA)に承認されたてんかん治療薬です。CBDが主原料ですが、大麻の茎以外から作られているので現在の日本では取扱できません。

エピディオレックスを作ったイギリスのバイオ企業「GW Pharmaceuticals(ファーマシューティカルズ)」は、現在使用されているてんかん用の承認薬「AED(Anti-Epileptic Drugs」がレノックス・ガストー症候群やドラベ症候群には必ずしも有効ではないものの、エピディオレックスのようなカンナビノイドであれば発作の頻度を大幅に減らす効果があると述べています。

まとめ

CBDは大麻から抽出された成分ですが、安全性が保障された合法の成分です。ハイになったり、中毒性もないと発表されています。嗜好品を目的としたTHCとは全く異なる成分です。

  • THCのような精神作用はありません。
  • 依存する可能性はありません。
  • 効果が切れて気だるさや疲労感を感じることはありません。

医療の世界からも注目され、その効果は正式に世界保険機関(WHO)が発表しています。安全性が高いことから、有効活用する有名アスリートたちが声明をあげています。

  • CBDはてんかんなど多くの治療方法として注目されています。
  • ドーピングテストを気にするアスリートがセルフケアのために注目されています。

CBDは様々な分野から注目を集める天然の有効成分です。現在ではオイル、サプリメント、ボディクリーム、お菓子など、CBDが含有した製品が国内でも販売されています。CBD製品は気軽に入手できるので、今後もさらに注目度が高まるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました